雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

ミュージカル鑑賞デビューと、リクエストのありがたさ

秋分の日、朝早くからおかあちゃんとむすめは、ミュージカル初体験となる、劇団四季の『リトルマーメイド』を観に名古屋へと向かった。 おとうちゃんは家でお仕事。 「おとうちゃん、かわいそう」とか「一緒に行けばいいのに」といった声もあるかもしれない…

白い彼岸花とウチのネコと

このごろ料理の話題ばかりなので、たまには違うことも。 白い彼岸花 庭の片隅に白い彼岸花が咲いていた。 隣地との境でもあるので何かを植えたりしたことはない。それでも引っ越した当初から、よく見かけるふつうの赤い彼岸花は咲いていた。 ↑隣に赤い彼岸花…

おかあちゃんの誕生日

この間、おかあちゃんの4★歳の誕生日だった。 わたしなんかは、40過ぎて誕生日のお祝いでもないだろう、なんて思ってしまうが、おかあちゃんは違う。 誕生日の数週間前から「誕生日にはあれが食べたい~、これが食べたい~♪」と、むすめとわたしが自主的…

重陽の節句のごはん

昨日は報酬日のあと最初の土曜日。 ちょっとしたごちそう(?)になった。 ごはんは醤油おこわ。新潟には普通の赤飯もあるけど、この醤油おこわを「赤飯」ということもある。……あったような気もする。 レシピはこちらを参考にさせてもらった。 cookpad.com近…

いまごろ「石倉三郎流ベチャっとしないコロッケ」を作ってみた(第2弾)

先週末、前回の記事で冷凍しておいたコロッケ5個を揚げることになった。 ……脳裏をよぎる爆発したコロッケの哀れな姿と、いまだに胸を焦がす揚げ油を処理したときの切なさ。 今回は1個ずつ揚げることにした。 慎重に、慎重に……。 最後の2個は一緒に揚げち…

いまごろ「石倉三郎流ベチャっとしないコロッケ」を作ってみた

去年のいつだったか忘れたが、『ぴったんこカン・カン』で石倉三郎さんが菅野美穂さんに料理を教えていた。 そのなかにコロッケもあったのだが、これがなかなかうまそう。 「いつか作ってみようっと」 と思っていたのだが、ようやく作る気になった。 レシピ…

母と娘のバッグ作り その2

タイトルの「母と娘のバッグ作り」だが、これはもちろん 「お母さんが娘さんに少しずつアドバイスしながら、仲睦まじく素敵なバッグを作る」 などという微笑ましいものではなく 「『週明けにバッグがいるんだよ! 作っとけやオラー!!』とか『ちょうどいいバ…

母と娘のバッグ作り その1

先日、パソコンに保存してある写真を整理していたら、「いつかブログに書こう」と思ってそのまんまにしてある写真が意外にあった。 残しておいてもそのままでは意味不明だし、削除するのももったいないので、記録としてブログに残しておく。 去年の4月のある…

画力対決

わが家の冷蔵庫の側面には小さなホワイトボードが貼ってある。 買い足すものや必要なものを、気づいたときにすぐに書くためだ。 ときどき、らくがき帳がわりになったりするけれど。 またある時は、わが家の画力対決の場と化す。 「画力対決」とは、だれかが…

枕草子と、ハゲと。

また1ヵ月半も放っておいてしまいましたが。 ちょっと前、学校の宿題かなんかで、むすめが『枕草子』の第一段を暗記しようとがんばっていた。 自分でホワイトボードに書いて、トイレに置いていた。 そうそう。「春はあけぼの。……」ね。ふむふむ。 わたしも憶…

母の日のごちそう

すでに旬を過ぎた話題ではあると思うが。 まずは、わたしとむすめの、血(は出なかったけど)と汗と涙の結晶をご覧いただこう。 左がむすめの作ったオムライス。 右がわたしの作ったクラムチャウダー。 オムライスはこちら。 はじめてでもおいしい! 楽しい! …

苺のムースケーキ

また2ヵ月も放っておいてしまいましたが、こっちはみんな元気です。 春になって(もう初夏だけど)旬の苺が店頭に並ぶ頃になると、苺のムースケーキが食べたくなる(=作りたくなる)。 我が家の春の風物詩、ともいえるケーキだ。 いつも参考にしているのは…

スパイシーチキン

確定申告、誕生日、ツォルキンバースデー、免許証更新と、なにかとせわしなかったけれど、いちおう落ち着いた。 やることは落ち着いたのだが、理由もなくなんだか心がザワザワしていて、どうにも落ち着かない。 ええい、こんな時は料理で解消だ! ということ…

考えたことなど

相変わらず文字にまみれた生活をしているが、この時期になると数字にもまみれる。 そう。個人事業主の宿命、確定申告だ。 で、「今年こそは毎月、いや四半期ごとでもいいから領収書の整理をするぞ~」と決意するのも毎年のことではある。 なんかね、この半端…

あけましておめでとうございます

年またぎの仕事を終え、ようやく新年を迎えた気分ですが、会社勤めの人は昨日が仕事始めという方が多いようですね。 今回の仕事は「宇宙の過去・現在・未来」のような壮大なものだったので、 (年越しだ、元日だ、なんていっても、ちっちゃな人間が手前勝手…

ささげとサツマイモのつる

隣のおじさんからささげと サツマイモのつる(というか葉っぱの茎) をいただきました。 お隣はお百姓さんというわけではないけど、かなり広い畑をお持ちで、季節ごとに旬の野菜をいろいろいただいています。 お隣さん、いつもありがとう(^^) さて、ささげは…

切り絵 その2

この前、はじめて切り絵に挑戦してみたけど、細かいところがなかなかうまくいきませんでした。 「切り絵師」と呼ばれる方々のブログを拝見すると、要は「慣れ」らしいです。 (1mm未満(0.2mm(!)とか)の線も切り残せる方もいらっしゃるので細かさのレベ…

ポルペッテ

秋ナスがおいしい時期ですが、ウチの食卓にナスが上ることはあまりないです。 マーボーナスか天ぷらか味噌汁か漬物くらい。 なぜなら、むすめがナスを(も?)嫌いだから。 給食に出たときはがんばって食べてるみたいだけど、ウチではまず食べません。 そん…

切り絵、始めました。

1年ほど前の記事で「切り絵でもやってみようかな」なんて書いてたけど、初めて切ってみた。 思いついてから1年かかるなんて、腰が重すぎ…。 道具はだいたいそろっているが、黒い紙がなかったのでむすめの部屋から半端な黒画用紙をちょろまかした。お前の好…

厄月?

半年近くご無沙汰していました。 自分では「書くこと」も好きかな、なんて思ってたけど、 明確な目的がないとダメなんだわ、きっと。 さて、我が家(というか夫婦)の7月・8月は厄月でした。 妻は手術して入院するし、 俺は手をアシナガバチに刺されて(生…

フォレストアドベンチャー・松川に行ってきました

昨日、フォレストアドベンチャー・松川に行ってきました。 ……いやいやいやいや、前々日にかんてんぱぱガーデンに行ったばっかりだろ。 仕事も厳しいんだって。 おかーちゃんと二人で行ってこい! というつもりだったんですが、菊水10本で手を打ちました。 (…

かんてんぱぱガーデンに行ってきました

やはり春休みも10日を過ぎると飽きてくるようで、 「ヒマだー」「どっか連れてけー」コールの頻度が日に日に増してきました。 (おとーちゃんはだいたい家にいるけど、プーとかじゃなくって 在宅で仕事してるんだからな。仕事にも納期という約束があるんだか…

小松菜の花のからしあえ

秋に小松菜を蒔いたんですが、 冬の間はなんだかんだで収穫しなくて ついに花が咲いてしまいました。 立派な薹(とう)が立っているから、葉は食べてもおいしくないよな…。 ううっ、すまない。 せめて花だけでも…。 というわけで、先を摘んでからしあえにし…

一輝のノラ友

うちの飼いネコの一輝は、去勢ネコです。 去勢したらおとなしくなるかと思っていましたが ノラの雄ネコが庭先を通ろうものなら 見た目体積を1.2倍、尻尾の太さを1.5倍(筆者目算)にして 「フーッ!」とか「しゃーっ!」とかいって襲いかかります。 (一度、…

のんびり

朝晩は氷点下になることもありますが、 陽が出ると春が近づいているんだな~と実感します。 冬の間は暖房の前に陣取っていたうちの一輝も、 陽だまりを見つけると、エネルギーを充填するかのように 全身を太陽にさらします。 いいな~。 俺もすべてをほっぽ…

別れの春休み

この辺の小学校は、18日から春休みです。 まだ始まったばかりですし、むすめはいまのところはおとなしいんだけど、 そのうち 「ヒマだー」「いっしょに遊べー」「どっか連れてけー」 と騒ぎ出すのは火を見るよりも明らか。 お昼ごはんだって妻と二人なら、か…

いまさらですが「今年こそは」

先週のお題「今年こそは」 ふと気づけば1月も半分が過ぎてしまいました。 はてなブログの「今週のお題」が「今年こそは」だったので、 (おっ、ひさびさに書いてみるか) と思ったのですが、いつのまにか「先週のお題」になってしまっていました。 やれやれ…

老眼鏡デビュー

ついにこの時がきてしまった。 越後平野の田んぼのど真ん中で育ったせいか 子どものころから遠視気味(視力2.0以上)だった。 「そういう人は老眼になるのが早いよ~」などと 脅かされてきたが、45歳ぐらいが平均のようだから まあ人並みなんだろう。 近くが…

絵入りりんごのシール貼り

むすめは今年、農協が主催する「こども農業体験」 みたいなやつに参加している。 この間は「絵入りりんごをつくろう!」ということで 黒いシールをもらった。 それを好きな形に切って、まだ青いりんごに貼って、 赤いりんごに文字や形を浮かび上がらせよう、…

運動会

先週末、小学校の運動会だった。 風がちょっと強いけど、天気はよくて絶好の運動会日和。 父母合作の弁当を持たせてむすめを送り出した。 私が子どものころは、行事仕様の豪華(に見える)弁当を 見物に来ていた親やみんなと一緒に食べたものだが、 いまはい…