読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

通信講座

妻がふと、

「ボールペン字講座、受けてみようかな?」

とつぶやいた。

 

あー、あれね。

俺も中学生のときやらされたやったよ。

じいちゃんが字が上手だから

お前もうまくなれっておふくろに勧められて。

 

ひらがなの行書の添削指導で戻ってきた課題に

赤ペンで「中学生には行書はちょっと早いかな?」

とか書かれてて「は?」って思ったもんだよ。

「申し込む前に言え」ってね。

 

結局、中学卒業して高専の寮に入っちゃったから講座はやめた。

いま振り返れば、ちゃんと続けとけばよかったと思うけど。

 

通信講座マニアというわけじゃないけど、これまで結構やってきた。

ピアノ、ハーモニカ、ギター、校正、ボタニカルアート…。

他にもあったかもしれないけど覚えてない(^o^;)

ちゃんと修了できたのは、いまの仕事である校正だけだ。

…ずいぶん無駄にしてきたな(お金、時間、労力)。

 

都会で六畳一間のアパート暮らしじゃ、楽器の練習は気がひける。

公園や河川敷でやるほどの根性もなかったし。

花だって都会じゃ買わなきゃならなかった。

 

しかーし、いまは田舎暮らし。

そういう自分への言い訳はできない。

そのときのギターはまだ持ってるし、

絵の具だの教材だのも、たぶんある。

 

……またちょっとやってみようかな。