読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

お題:「おとな」

はてなブログにはこういうのがあるんだ。

たまに使わせてもらおうっと。

 

さて俺自身、年齢だけならとっくに「いいおとな」だが

正直言って、自分の考え方や感じ方は

いまも中学生の頃とたいして変わっていない気がする。

年取った分、経験やら知識やらは増えているが、

だからって、そんな人間急に変われないわな。

 

子どもの頃、「おとな」ってとても大人に見えた。

その「おとな」と同じくらいの年齢にはなったが、

俺が見ていた「おとな」にはとてもかないそうにない。

彼らの前に立つとき、俺はやっぱり中学生のままだ。

 

「少年とは『もっと大人になりたい』と思っているもの」

とかなんとか、何かで読んだ気がする。

なるほど、と素直に納得したが

「もっと、もっと」と向上する意欲がなくなったときが

「おとなになった」ということなのだろうか。

 

達観? 諦観?

うーん…、ある部分では当てはまっている気がする。

けれど、まだまだ俺は完全な「おとな」にはなれそうにない。

 

 

 

今週のお題「おとな」