読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

長野は夏休みが短いからといって…

日記

昨日は夏休み最後の日曜日

夏休みの宿題を手伝わされたお母さん・お父さんも

おおぜいいらっしゃるかもしれませんね。

まだがんばってる子もいるのかな?

 

うちは長野県なので、とっくに夏休みは終わってる。

おととし長野での初めての夏休みを迎えたとき、

その短さにびっくりした。

東京とかより2週間以上は短いんじゃないかな。

 

秋休み(収穫の手伝い休み)があるとか、

冬休みが長いとか(長いどころか冬休みも短い)、

そういうわけでもない。

そのうえ、始業式・終業式の当日も給食が出て

式が終わった後も普通に授業が行われる。

 

なんでだろ?

 

こんな努力(?)をして学習時間を長くしているのだから、

勉強のできる子が多いかといえば、まったくそのようなことはない。

事実、先日公表された全国学力テストの結果を見ても

長野県はだいたい、平均。

他県の子より勉強して、平均。

 

去年だったか、学力テストの結果が平均くらいだったことをうけて

県の教育関係のエライ人が「平均でよかった」みたいなことを言ってた。

アンタがそういうこと言っちゃダメだろう。

「教育県・長野」なんて昔の話だな……。

 

まあ、時間をひねりだしても、その時間を勉強にあてているのか、

といわれると、なんだか勉強以外に使っているような気も……。

 

そのことは長くなるので、またいつか。