読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

老眼鏡デビュー

日記

f:id:bipolarfox:20150925142150j:plain

ついにこの時がきてしまった。

 

越後平野の田んぼのど真ん中で育ったせいか

子どものころから遠視気味(視力2.0以上)だった。

「そういう人は老眼になるのが早いよ~」などと

脅かされてきたが、45歳ぐらいが平均のようだから

まあ人並みなんだろう。

 

近くがまったく見えない、というわけではない。

新聞だってちょっと離せばちゃんと見えるし

日常生活を送る上では、なんら不都合はない。

 

ただ、校正という仕事をしているので

大事な「商売道具」でもある眼は

きちんと見えるにこしたことはない。

 

30cm離すとか、ときどき遠くを見るとか、

少しは気を遣ってきたつもりだけど、

ルビの濁点とか、奧(「奥」の旧字体)とかを

見落としていたときはガックリきた。

それまでそんなことはなかったのに……。

 

初めて老眼鏡をかけると、「世の中が明るくなった!」

などという劇的な変化はなかったが

たしかにルーペの使用回数は減ったと思う。

 

眼鏡代も稼がなくっちゃいけないし、

仕事を干されないようにがんばろうっと。