読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

別れの春休み

この辺の小学校は、18日から春休みです。

まだ始まったばかりですし、むすめはいまのところはおとなしいんだけど、

そのうち

「ヒマだー」「いっしょに遊べー」「どっか連れてけー」

と騒ぎ出すのは火を見るよりも明らか。

お昼ごはんだって妻と二人なら、かけそば・かけうどん・カップめんで

済んでたけど、そういうわけにもいかない。

本当に「じゃまくさいわ~」(京都弁で。妻もお母さんに言われてたらしい)

 

ま、子どものころなら長期の休みはうれしいし、

大人になったら鬱陶しいし。

歴史は繰り返すわけですな。

 

さて、むすめの担任の先生が転任することになりました。

俺が子どものころは、新聞で転任を知って一喜一憂したものだけど、

春休みが早いから新聞には間に合わないのかな?

むすめは先生の転任を卒業式の日に知って、泣いたそうです。

(「ええっ!? あのむすめが!?」 と思ったけど、みんな泣いてたそうです)

 

先生は(俺から見れば)まだ若くて、そのうえ去年結婚した新婚さん。

旦那さんも遠くで(といっても県内)先生をしているから、いきなり別居。

だから

「担任を1年しかやってないけど、もしかしたら…」

と妻は思っていたらしいです。

今回の転任で、勤める学校は違うけど、

お互い学校へ通える距離のところで一緒に住めるようです。

よかったね~。

新婚時代なんて一瞬の間に過ぎ去るし。(しみじみ)

 

そこで、クラスの役員などで世話になった妻は、

PTA総会後の懇親会の席で先生に花束を贈ることにしました。

(むすめから先生の転任を聞き、贈り物の準備をするには時間がなく、

結局当日の朝、俺が朝から遠くまで買いに行かされたことはどうでもいい)

でも、何の手違いか、先生は懇親会に出席されなかったのです。

 

けっこう豪華な花束にしてもらったのですが、うちに飾るのはちょっと虚しい…。

先生に連絡したら、我が家に来てくださるとのこと。

……俺はその間、使いっぱで買い物したりしてましたけど……。

むすめも、もう会えないと思っていた先生に会えて、ちょっと照れくさそう。

ちゃんと花束も渡せました。

 

先生が帰るとき、日は照っているのにサーッと雨が。

たいした降りでもなかったから、みんなで傘もささずに

車を見送っていると、大きな虹が出ていました。

 

みんな幸せになるといいね。

 

 

 

f:id:bipolarfox:20160322231623j:plain

先生を見送った後、妻の携帯で虹の写真を撮るむすめ。