雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

一輝のかぶりもの

このあいだ、ネコ用のかぶりもののガチャガチャを見かけた。最近はこんなものまであるんだ。

たぶんウチの一輝は嫌がると思ったけど、話のネタに2つほど買ってみた。

むすめが喜んで、無理やり一輝にかぶせた。

 

ラッコ↓

f:id:bipolarfox:20171014181956j:plain

……。

 

ヒツジ↓

f:id:bipolarfox:20171014182153j:plain

…………。

どうやっても喜んでいるようには見えない。

悲壮感さえ伝わってくるようだ。

 

イヤならイヤで、むすめに「フーッ!」とか「シャーッ!!」って威嚇したり、引っかいたりしてもいいのに、一輝ときたら「しょーがねーなー」という感じで、なされるがままだ。

お兄ちゃん的なポジションにいると思っているのかね~。

 

ミュージカル鑑賞デビューと、リクエストのありがたさ

秋分の日、朝早くからおかあちゃんとむすめは、ミュージカル初体験となる、劇団四季の『リトルマーメイド』を観に名古屋へと向かった。

おとうちゃんは家でお仕事。

「おとうちゃん、かわいそう」とか「一緒に行けばいいのに」といった声もあるかもしれないが、仕事のノルマもあるし、何よりわたしは出不精なので、独りで家にいられることはすこぶる快適・幸福なのである。幸せの形は人それぞれ♪

しかし、彼女たちが帰ってくるのが20時過ぎだから、晩ご飯の準備はしておかなきゃね。

むすめからリクエストはもらっている。「玉ねぎを炒めていない煮込みハンバーグ」だ。元ネタは『きのう何食べた?』4巻#25より。

 作中でシロさんが言っているように、玉ねぎを炒めないとハンバーグってとても簡単になる。

 

f:id:bipolarfox:20170925185712j:plain

つけあわせも同書と同じにしてみた。

味噌汁はおかあちゃんのリクエストで、玉ねぎとニンジンのかきたま汁だ。

左上にちょっと写っているのが、名古屋みやげの天むす。

 

今回のようにリクエストがある、というのは、作る側としては非常にやりやすい。

訊かれる側だったときに、「なんでもいい~」と何度答えたことか。

いちばん悩ましいよね、「なんでもいい」って。

ばーちゃん、かーちゃん、すまなかった。

 

さて、『リトルマーメイド』、良かったようだ。おかあちゃんは感動して泣いたらしい。またお金を貯めてミュージカルを観にいくそうだ。

バリバリ稼がにゃ。(←誰が?)