雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

ミュージカル初体験

昨日、駒ヶ根総合文化センターへミュージカルを観にいってきた。

近所のお子さんとおかあちゃんがお世話になっている人が出演するので行ったわけだが、わたしはこれまでミュージカルというものを生で見たことがなかった。

「ミュージカルの台詞って、全部歌いながら言うんだろ? なに言ってるかわかりにくいし、ふつうに言えばいいんでねえの?」

と思っていたからだ。そうではないと知ったあとでも、突然「盛り上がってね♪」的にみんなで歌いだすのもなんだか強制的で鼻につくし、ここできっとみんなは気分が高揚するんだろうなと思うと、そうではないお前がヘンなのだと言われているようで、Mではないわたしは(かといってSでもないが)ミュージカル映画も観なくなった。

歳をとって、「お前はヘンだ」と言われることに喜びさえ感じるようになった。

だったらミュージカルくらい観たっていいだろう。

 

さて演目だが、A-Stock Theaterによる『走れメロス』だ。パンフによれば、日本一長く続いている市民ミュージカルとのこと(since 1996)。

(なぜかこっちが緊張しながら)観せてもらった。千秋楽で気が抜けてるからか逆に緊張からか、それとも疲れからかはわからないが、開演直後は結構台詞がカミカミ。近所のお子さんのお父さんの話によれば、リハーサルの方がよかった、というのだから、緊張のせいか。

まあミュージカル初体験のわたしがあれこれいうのもなんなので控えるが、歌や踊りはそんなにウルサクなかったと思う。劇の流れ上、自然発生的に感じた。ふつうの演劇を観たという感じ。知り合いがいればまた観にきたいと思う。

次に観にくることがあれば、スタンディングオベーションを誘導してみたいね~。

あ、あと、今度は忘れずに花束も持っていきたい。

 

小学生最後の参観日

昨日はむすめの参観日だった。

「小学生最後」などと銘打っているが、最近「平成最後の○○」を目にすることが多くて、いまでは「最後」といわれてもそれほど特別感がない。

さて、参観日はふだんなら行かないのだが(むすめも嫌がる)、なんだか小学生最後の参観日だということで、担任の先生がいろいろと仕込んだらしいので、(半ば強制的に)出席と相成った。

(「仕込み」といっても親・児童それぞれがナイショで自分の子・親に手紙を書いて、サプライズ的に読み合うというもの。担任の先生から「秘密で子どもに手紙を書いてください」との依頼を受けた時点で、「あー、子どもたちにも書かせてるんだなぁ」とバレバレではあったが。)

まあねえ、別にいいんだけどねえ。

泣かないと冷たい人といわれるのだろうか?

 

この辺の地域は授業参観の父母出席率が異様に高い。

ジジババでなくて、父母が出てくる。父親の出席率も高いほうだろう。「お前ら、仕事はよ?」と心配になるくらいだ。

そういう地域だから会社のほうもわかっていて、半休とか早退とか簡単にさせてくれるのだろうね。

わたしは子どものころ、学校に親が来るのはいやだったけどなあ。

小学校の入学式・卒業式、中学校の入学式・卒業式もほとんどの親が参加するようだ。

小学校の入学式はわかるけど、ほかはどうなの? 親は出過ぎのような気もするけども。

まあねえ、別にいいんだけどねえ。

 

実際に住んでみないとわからないことっていっぱいあるよね。

気づいたときにはもう遅かったり…。

次はどこへ行こうか考え中。

 

立春

2018年はいろいろなことがありすぎて、2019年の暦の上での正月はたいしたこともせず、今年の目標なんてものも掲げもしなかった。

今日、立春は「宇宙の元日」だそうで。

あらためていろいろと目標を設定した。(心の中で)

けどね、平々凡々な毎日を過ごせるということが、どれほど幸せなことなのか身にしみてわかったので、それがいちばんかな。

 

以前、「恵方巻なんかもう買わん」みたいな記事を書いたけど、昨日、買っちゃいました。

しかし、無言で吉方位向いて丸かぶりなんかしなくて、ちゃんと切って、ふつうの太巻寿司としておいしくいただきました。ちょっとでもムダの削減に役立ったかな?

でもやっぱり、恵方巻なんかやめちまえ、だ。