雉虎猫はアルペジオの夢を見るか?                          

母と娘のバッグ作り その1

先日、パソコンに保存してある写真を整理していたら、「いつかブログに書こう」と思ってそのまんまにしてある写真が意外にあった。

残しておいてもそのままでは意味不明だし、削除するのももったいないので、記録としてブログに残しておく。

 

去年の4月のある金曜日、むすめが

「音楽室に行くときに、教科書とか笛とかを入れる袋を作って~」

と言ってきた。

「いつまでに?」と訊くと

「月曜日♪」

と無理やり可愛く答えやがる。このへんはおかあちゃんにそっくりだ。

まあ、材料さえあればバッグなら1日もあればできるだろう、と布を探してみた。

あるにはあるけど、端切れが多い。もったいないからパッチワークっぽくすることにした。

……そういえば、パッチワークなんてしたことないや(^^;)

けれどいまの時代、ディスプレイの向こう側にはいろいろな分野の先生がいて、さまざまな知識やテクを教えてくれたりする。 それも無料で。便利な世の中になったもんだ。

というわけで、以下のサイトを参考にさせていただきました。

tiku2009.blog23.fc2.com

さて、だいたい方向性は決まった。

f:id:bipolarfox:20170707172502j:plain

左から、

音楽室へ移動する際に持っていく笛・教科書・ファイル。

バッグのイメージ図とずいぶん昔の『CUCITO』(バッグ作りの参考にしている)。

いろいろな布。

 

えーと、まずは型紙を作って…

f:id:bipolarfox:20170707173717j:plain

これに合わせて布を切って…

f:id:bipolarfox:20170707173853j:plain

切って切って36枚。

ロータリーカッターがあれば楽なんだろうな…。

f:id:bipolarfox:20170707174135j:plain

ミシンで縫う。

f:id:bipolarfox:20170707174353j:plain

また縫って、

f:id:bipolarfox:20170707174652j:plain

ちょっとボコボコだけど見なかったことにして、接着芯を貼る。

f:id:bipolarfox:20170707174901j:plain

あとは、むすめが園児のときに鍛えられたバッグ作りの勘と経験を駆使して……

f:id:bipolarfox:20170707180756j:plain

はい、できあがり(^o^)

……実は内ポケットをつけたのだが、内布の表と裏を間違えてしまいデッドスペースならぬデッドポケット(?)となってしまった。

まあ、実用上問題はないだろうし、そもそもむすめのだし、ま、いっか。(←オイ)

 

その2へ続く。

 

画力対決

わが家の冷蔵庫の側面には小さなホワイトボードが貼ってある。

買い足すものや必要なものを、気づいたときにすぐに書くためだ。

ときどき、らくがき帳がわりになったりするけれど。

f:id:bipolarfox:20170704175411j:plain

またある時は、わが家の画力対決の場と化す。

「画力対決」とは、だれかが出した「お題」について、参考となる資料を見たりすることなく記憶だけを頼りに短時間で描くという、なかなかハードなレクリエーションである。

この日のお題は「はなかっぱ」。提出者はわたし。

むすめが小さいころはよく見ていたが、最近はとんとごぶさた。家族全員、記憶は薄れているはずだ。「はなかっぱ」をご存じない方は検索してみてください。

さて、みんなの作品を見てみよう。

f:id:bipolarfox:20170704182147j:plain

力作ぞろい……だね。

どれがいちばん似ているかとか、どれがいちばんうまいかとかは、人それぞれ好みもあるだろうから、あなたの判断にゆだねます。

あなたのご家庭でもいかがですか? けっこう楽しめますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれを描いたひと。

f:id:bipolarfox:20170704182717j:plain

枕草子と、ハゲと。

また1ヵ月半も放っておいてしまいましたが。

 

ちょっと前、学校の宿題かなんかで、むすめが『枕草子』の第一段を暗記しようとがんばっていた。

自分でホワイトボードに書いて、トイレに置いていた。

f:id:bipolarfox:20170703181546j:plain

そうそう。「春はあけぼの。……」ね。ふむふむ。

 

わたしも憶えさせられたが、中学生のときじゃなかったか?

実際、今でも家の前を下校する女子中学生たちが大声で暗唱し合っているのを聞く。

情緒もへったくれもあったもんじゃないが。

音読して古典のリズムを身をもって知る、ということなのかもしれないが、わたしの場合は就職試験とかクイズ番組を見てるときくらいでしか役には立たなかった。

ま、「わたし」というごく狭い、たった30年ぽっちでのことだけどね。

そういえばこんなばーさんもいたな~。「小説なんか読まん」っていう人も掃いて捨てるほどいると思うけどね。

とにかく、若いうちにいろんなことやっとき。いつどこで何が役に立つかはわからん。

 

「……白き灰がちになりて、わろし。」

(「わろし」って「そんなによくない」だったっけ。「あし」よりはいいんだよな、たしか。)

なんて思いながら読んでると、

 

「ハゲわろし。」

 

……ん?

 

「ハゲわろし。」

f:id:bipolarfox:20170703191553j:plain

……………………………………………………

……………………………………………………

……………………………………………………

……………………………………………………

……………………………………………………

……………………………………………………

……………………………………………………

……………………………………………………

………………………………………………あ、

このイラストはおとうちゃんかな? よく似てるわ。

このイラスト、「はてなブログ」のプロフィールとかの

画像にしようっと♪

 

というわけで、今日から変わっています。

今後ともよろぴく~(^o^)/  ←ちょっと壊れ気味。